RADIO PROGRAM

DR.ケンゴの歯~トフル・ライフ 放送内容

当院の院長、中平賢吾先生がパーソナリティーをつとめる、ラジオ番組
「DR.ケンゴの歯~トフル・ライフ」(南海放送:「ニュースな時間」内で放送。)の方送内容のご紹介です。

2019.05.29日放送

  • このコーナーは松山中平歯科クリニックがお送りいたします。

    歯の健康について、中平賢吾先生にお話をお伺いたします。

    よろしくお願いいたします。

  • よろしくお願いします。
  • 今月は、インプラントについてお話をお伺いしてきましたが、

    今日は、インプラントをされた方はその後ですね、『皆さん、どのようになっているか?』とか、『どのような感想をお持ちだったか?』といったことを中心にお伺いしたいです。

  • はい。そうですね。

    『自分の歯を、その守ることができて、幸せ』とかですね、
    まあ、そういった方はいらっしゃるんですけども。

  • うん。
  • 特にですね、あごの骨というか、あごの歯全体がもう無くなってる方ですね。

    今まで、総入れ歯で過ごされてきた方は、大きな幸せを感じている方が多いですね。

  • そもそも、あごの骨が無くなっているのにインプラントはできるんですか?
  • うちならできますよ。

    やっぱり骨が薄い方とかもいらっしゃいます。

    歯が無くなっても骨が有る方もいらしゃいますし、骨がもうほんとに極限まで薄くなっている方っていうのも、中にはいらっしゃいます。

  • うん。
  • 他の歯科医院とか大学病院で、「あなたはちょっとインプラントは無理だよ」という風な患者さんも、うちにもいらっしゃいますね。
  • ふーん。
  • それで、治療を開始して、もちろんインプラントもできて、被せ物も入れさせていただくとですね、

    『入れ歯と違ってしっかり噛めるし、もうなんでも食べられる』という風に喜んでくださってる方は多いですね。

  • はああ。

    インプラント治療をすると、それまでの入れ歯とか、まあブリッジなんかと違って、ずいぶん食べる質も変わってくるんですか?

  • やっぱり、全然違いますね。

    総入れ歯の場合はですね、ご自身の健康的な歯の大体30%ぐらいしか力が出ないという風に言われてますので、噛める物が全然違うんですね。

  • ふーん。

    30%ってかなり変わりますよね。

  • そうですね。

    特に、入れ歯が合わない方とかは骨がもう痩せきってしまうし、入れ歯がすぐ動く方なんかも、柔らかい物しか召し上がることしかできない方が多いですね。

    噛めないし、中にはその食材をそのまま飲み込む方もいらっしゃったりします。

  • はああ。
  • また、柔らかい物は炭水化物が多いので、そればかり食べて糖尿病になっちゃったりとか、そういう方もいらっしゃいますね。

    噛むっていうことはですね、あごの筋肉を鍛えたりとか、後は最近よく言われてるのが認知症予防になります。

  • ええ。
  • なので、本当に噛むことっていうのは大事ですね。

    噛む刺激っていうのはですね、基本的には健康な歯でしたら、歯の周りに細かい繊維があるんですけれども、それを伝って刺激は脳に伝わっています。

    インプラントの場合はですね、その繊維がないんですね。でも、最近の研究では、『噛む刺激が骨を伝って脳に噛んでる認識を伝えている』といわれてたりするので、そういったところから、脳の活性化にも繋がるんじゃないかなとは思います。

  • 銀座で医院されてらっしゃる、お父様(中平宏理事長)の著書に

    『インプラントすると、顔の表情、顔も若々しくなる』

    という風にあったんですけども、やっぱりそうなんですか?

  • ああ、そうですね。

    うちの一番大きな柱というかですね、大きな治療方法としては、『あご全体の再建』。

    先ほど言ったように、総入れ歯の方とかの治療が得意になるんです。

  • うん。
  • そういった方はですね、歯だけじゃなくて、(あごの)骨も溶けてしまってるんですね。
    で、骨が溶けるとですね、くしゃくしゃな口元になります。

    例えると、まあかなり昔ですが『くしゃおばさん』てご存知ですか?

  • ええ、ええ。
    わかりますね。

    私は知ってますけれども。

  • 僕の年代では、リアルタイムではないですけど。
  • 先生の年代はそうでしょうね。

    中平先生は、後から聞いたんですね。

  • そうですね、そんな感じの口元になるんです。

    入れ歯を取ったら、歯だけじゃなくて顎の骨まで回復をしていかないと、やっぱり、あごや顔のたるみとか、シワっていうのは改善できないですね。

  • はあああ。
  • なので、逆に総入れ歯の方とかでですね、インプラントをしたいっていう方は、そういったところも改善をしていくので、一番最初はやっぱり違和感があるんです。

    『こんなに歯って出てるんだっけ…』みたいな違和感がやっぱりあるんですけど、これは、元々あった骨が下がってきて、今の位置になってるだけで、「元々はここまであったんですよ」という説明をしながら治療を進めていくことが多いですね。

    あご全体のインプラント、まあ歯周病とかですね、後、虫歯とかで大きく歯が抜けてしまった方とかは、インプラントをすることでシワの改善とか、そういったことも可能ではあります。

  • なんかこう自信にもなりますよね。

    何でも食べれるよっていうね。

  • そうですね。はい。
  • 綺麗な歯だよって思ったらね。
  • そうですね。

    やっぱり、歯が悪い方は、内向的っていうかですね、かなり内気になりがちなんですよね。

  • そうですね。

    歯周病とかだと、口臭も気になりますよね。

  • そうですね。
  • ついつい、口隠したりとかね。
  • そうですね。はい。
  • マスクずっとしたりとかね。
  • そうなんです。
    ですので、そういう不安から解放されるということは、人生を豊かにする意味では良いことだとは思います。
    見た目と、やっぱり何よりも、噛めるということがいいですね。

    「今まで合わない入れ歯で、もうずいぶん苦労してたんだけど、インプラントをしたら何でも噛めるから、本当に嬉しい」と言う風に言ってくださる方が、かなり多いですね。

  • 食べることって、すごく生きる力ですもんね。
  • そうですね。

    社会的に成功した方とかもですね、
    「振り返ってみて、何を後悔したか?」と聞くと、

    「あの頃、歯を大切にしてれば良かった」と言う方は多いですね。

  • 歯が健康でいるっていうのは、それだけ人生に大きな影響が出ますね。
  • そうですね。
  • 与えてくるということなんですね。

    色んな歯についてのお悩みとか相談は

    松山中平歯科クリニック。

    場所は、松山市千舟町、ジュンク堂の道を挟んで前のビル。

  • はい。
  • こちら、7階になりますね。
  • そうですね。
  • 気軽に相談しやすい雰囲気ですからね。

    お悩みがあったり、治療のことや、『ちょっと他で通ってるんだけどどうなのかな?』という、セカンドオピニオンでもオッケーなんですか?

  • はい、もちろんです。
  • もう、気軽に相談してみてください。

    お話は、松山中平歯科クリニックの中平賢吾院長でした。

    どうもありがとうございました。

  • ありがとうございました。
  • このコーナーは、松山中平歯科クリニックがお送りしました。