かぶせ物

歯には機能的な面(物を噛む)と審美的な面(白く美しい歯)があり、この2つは重要な要素です。
しかし、日本の健康保険制度では、機能的な歯科治療に偏りがちであり、審美的治療を行うには限界があります。
例えば、奥歯のかぶせ物は銀歯、前歯はとりあえず白いが変色しやすい樹脂素材でできている点などです。

セラミック治療は、歯の状態によって治療方法が違いますが、単純に見た目をきれいにするだけではなく、歯と歯ぐきの健康を維持し、長期間健康的で美しい状態を保つことが最大の目標です。

修復治療について

インレー

虫歯を削った後の穴にかぶせる詰め物のことです。
特に保険治療で使われる金属の詰め物をかぶせ直すことにより本来の『白い歯』を取り戻すことが可能です。

インレーの種類
  • 1.セラミックインレー

    白色で変色せず、審美性は最も優れています。

  • 2.ハイブリットインレー

    セラミックに硬質の樹脂を配合した白色の詰め物です。長期的にはわずかに変色しますが、セラミックインレーより安価のため、まずは銀歯を除去したい方におすすめです。

クラウン

歯を全周にわたって削り、ひとまわり小さくした後、その上から かぶせていく方法で一般的には『差し歯』と呼ばれています。この方法により多少の歯並びの悪さは改善できますので、矯正治療を考えておられる方は一度ご相談下さい。

クラウンの種類
  • 1.オールセラミッククラウン

    金属を一切使わず、すべてにセラミックを使用したかぶせ物です。
    審美治療の中でも、とりわけ審美性の高い仕上がりを求める方に最適な治療です。

    金属を使用せず、すべてにセラミックを用いると、以下のような利点が得られます。

  • 2.メタルボンドクラウン

    オールセラミックとは対照的に、金属を使うセラミックがメタルボンドクラウンです。 金属のフレームを土台とするため、高い安定性・強度が得られ、審美性も高いのが特徴です。 ワンデイインプラント®なら手術当日から、軽いお食事や会話を楽しむことができます。

  • 3.ハイブリッドクラウン

    セラミックに硬質の樹脂を配合した素材です。長期的にはやや黄色がみられますが セラミック系クラウンより安価で見た目も優れています。

ラミネートベニア

隙間のある歯、色素沈着した歯に最適な治療方法です。また、多少の歯並びも改善可能です。

ラミネートベニアの種類
  • 1.セラミックラミネートベニア

    歯の表面を薄く削り、その上にセラミックを付け爪のように貼り付ける方法です。
    この方法により 歯の表面が変色のない美しい歯に様変わりします。

    • 初診

      前歯の隙間を治したいというご希望で来院された方の治療前の写真です。やはり前歯に隙間があると見た目に良くないのですが、この場合歯の表面を1mmほど削り、付け爪のような人工歯を貼り付けることで隙間を無くすことができます。また今回は上の歯ぐきの漂白も行うこととしました。

    • けずった直後

      削り終えた直後の写真です。上の歯ぐきの漂白は既に終わり、やや白っぽいですがこれからピンク色に落ち着いていくと思います。

    • 仮のふたをしたとき

      削って型を取った後に仮の歯をつけたところです。この段階から隙間はふさがり、見た目も改善されています。最終的な人工歯ができるまでこの仮の歯で過ごしていただきます。

    • 完成

      人工歯を貼り付けて治療終了です。わずか2回の通院でした。上の歯ぐきも漂白直後に比べてきれいなピンク色になっています。当院では人工歯の保証期間は5年間です。通常の使用で万が一欠けたり割れたりした場合、保証期間内であれば無料にて原状回復いたします。

  • 2.ハイブリッドラミネートベニア

    セラミックに硬質の樹脂を配合した素材を貼り付けます。
    治療の方法は、セラミックラミネートベニアと 同様です。セラミックと比べ安価で劇的な変化を実感できます。