インプラントを選択する方とは

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:089-915-0777

24時間受け付けております オンライン診療予約

インプラントを選択する方は

1. 入れ歯に悩んでいませんか?悩んでいるのはあなただけではありません

同じように歯周病・歯槽膿漏に悩んでいる方はたくさんいます

骨がやせてきて、入れ歯の安定が悪くなると口の中で動いてしまってうまく咬めません。

 

歯茎で支えるので、力をかけると痛みます。また骨がやせて神経が表面に出てしまうと激痛がします。

 

食後の手入れのために外したり、会話中に突然外れたりする姿を人に見られるのは恥ずかしいものです。

2. 入れ歯の悩みは、人口歯をしっかりと固定すれば、解決できます!

痛みが出たり、動いてしまうのは
顎に固定されていないことが原因です。

インプラントで顎に歯を固定するから、動くことなく、しっかり噛めます。

3. 入れ歯からインプラント治療への症状

1. 歯周病・歯槽膿漏に悩んでいませんか?日本人が失う原因の約50%が歯周病・歯槽膿漏です

同じように歯周病・歯槽膿漏に悩んでいる方はたくさんいます

歯肉が炎症で腫れている!

歯周ポケットと呼ばれる隙間が深くなっていくと歯周病菌が骨を溶かし、最終的には抜け落ちてしまうのです。

ブラッシング、歯石除去、歯周外科だけでは直せない歯周病があります。

2. 重度・末期の歯周病・歯槽膿漏では、抜歯が必要です

進行した歯周病・歯槽膿漏は骨を溶かしてしまうため、抜く必要があります。

放置していると左の画像のように根の周りの骨が溶けていきます。
(黒い部分がとけているところ)また、支えを失うと、倒れたり抜けたりします。

※初期・中期の歯周病は、保存・処置が可能です。

3. 抜歯後は蘇らせます!

骨が薄くてあきらめている方へ

骨が瘦せていてもワンデイインプラント®ならできる

患者さんの中には、「骨が薄くてインプラント治療は無理だと言われました」とおっしゃる方がいます。 入れ歯を長く使っていたり、歯槽膿漏が進行したりすると、骨は痩せてしまいます。確かに、これまでのインプラント治療では、骨の質がよく、量も多くなければ埋めることはできませんでした。ですから、骨が薄くて治療を諦めたり、また、あらかじめ大掛かりな骨移植や骨増生という手術をする必要があったりしました。骨移植、骨増生とは、自分の腰骨などから取った骨や人工の骨を顎に埋めて、骨ができるまで待つというもの。手術自体も大変で、体に大きな負担がかかり、骨ができるまで半年1年は待たなければいけないのです。骨ができたところで、やっとインプラント手術に取り掛かっていました。

しかし、ワンデイインプラントは、インプラントの位置や角度を綿密に計算した上で、できるだけ骨質がよく、骨の厚みのあるところに埋めるため、骨移植や骨増生をなるべくせずに済むようになりました。

顎の骨は、前歯に近い部分の骨が硬く、奥歯の部分は柔らかくなっています。インプラントは硬い骨に埋めるほうがしっかりと骨と結合します。これまでのインプラント治療は、インプラントをまっすぐに埋めていましたが、ワンデイインプラントは骨の硬い部分に、斜めに埋めます。同じ骨の量でも、斜めに埋めればそれだけ量を確保できるのです。またどうしても骨増生が必要な場合でも、大掛かりなものではなく、インプラント手術と同時に行う程度の処置ですみます。

クリニックブログクリニックブログ 患者様の声患者様の声 Medeical NoteMedeical Note
TEL:089-915-0777 オンライン診療予約