虫歯治療

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:089-915-0777

24時間受け付けております オンライン診療予約

虫歯は、細菌感染によって起こります。口の中の虫歯菌は、歯に残った食べかすを餌にして増えていきます。このとき虫歯菌が出す酸によって、葉の表面が溶かされていきます。これが虫歯の始まりです。

C1

まだ痛みはありません。さらに進行すると、エナメル質の下の象牙質まで広がります。

C2

ここはエナメル質よりも柔らかいので、虫歯が歯の表面よりも大きく奥まで広がります。

C3

冷たいものや甘いものがしみるようになります。その下は歯髄(神経)が通っています。ここまで虫歯が広がると、激しい痛みが出てきます。

C4

さらに虫歯が進むと、歯冠部(歯茎から上の歯の部分)がほとんど溶けて、歯根(歯茎から下の根の部分)だけが残った状態になります。

治療について

虫歯の治療は、その進行状態によって変わってきます。
浅い初期の段階(C1~C2)では、虫歯に侵された部分を削り取って、そこに人工の歯冠修復物を詰める必要があります。
削った部分がごく小さければ、光重合レジンと呼ばれる化合物を詰めます。もう少し広く噛み合わせの面にできた虫歯の場合は、十字型やヒトデ型に歯を削って、インレーという金属(最近は白いセラミックやレジンでつくられたものもあります)を詰めます。さらに面積の広い虫歯になると、クラウンといって、キャップ状に歯冠全体を覆う修復物をかぶせます。
しかし、虫歯が深く神経まで及んでいったとき(C3)は、神経を抜き取る処置をします。歯冠部分を削り取り、神経が通っていた根っこのトンネル状(根管)の穴の内面を清掃・拡大します。この根管から病巣の膿を排出し、無菌状態にしてから、ガッタパーチャと呼ばれる充填材を根管内に詰めます。

当クリニックでは、ラバーダムと呼ばれる医療素材を使い、無菌状態を確保した上で治療します。
虫歯の治療中に唾液が流れてくると、せっかく清掃した治療箇所に細菌が付着しまうようなことがあります。これでは治療効果が低下してしまいますし、万が一、その菌が残ったままで詰め物や被せ物をしたら、虫歯再発リスクが高くなってしまいます。そこで、奥歯を治療する際は、治療する歯に唾液が入らないようラバーダムと呼ばれるシートを使用します。唾液が入ってこない状態を確保した上で処置するようにしています。
ラバーダムは根管治療と呼ばれる歯の根っこの治療で使用されることが多いのですが、当クリニックでは通常の虫歯治療でも活用しています。
また、虫歯であいた穴の周りの歯を清潔にし、その後にMTAセメントで封鎖。血液があってもしっかり固まりなおかつ生体親和性抜群な薬を使うことにより、今まで抜くしかなかった神経も、残すことができています。

さらにC4まで進んだ場合は、抜歯することになります。残った歯の根の部分も腐っていますので、周囲の歯茎にも悪影響を及ぼすためです。
残念ながら歯を抜くことになった場合は、その後のケアまで、十分に打ち合わせさせていただきます。抜いたままにしておくと、周りの歯は倒れるようにずれてきて、噛み合わせが悪くなります。また、噛み合う刺激のなくなった骨はどんどん吸収されていきます。

クリニックブログクリニックブログ 患者様の声患者様の声 Medeical NoteMedeical Note
TEL:089-915-0777 オンライン診療予約